2019年11月9日土曜日

わたしたちが食している「いのち」とは

アジア学院スタディツアー 報告

10月20日(日)
台風が続いた10月でしたが、この日は久々に天気に恵まれ、栃木県那須塩原の「アジア学院」を訪問してきました。

東日本大震災以来、さまざまな活動をおこなってきたACTですが、今年は震災と私たちの生活を「食」から考えるということに焦点をあて、スタディツアーを企画しました。

「アジア学院」は、アジア、アフリカ、太平洋諸国などの途上国で活動する、”草の根”の農村指導者が学び合う学校。学院の共通語は英語です。
(アジア学院ホームページ http://www.ari-edu.org/

『共に生きるために That we may live together』は学院が大切にするモットー。
さまざまな工夫が凝らされた 古民家チャペル

独自の文化、言語、宗教をもつ人々が互いを尊重し、助け合って生活しています。

東日本大震災後に建てられた古民家風のチャペルの内装も、学生たちが意見を出し合い、皆の前でメッセージをする人が一番低い位置に立つ造りになっており、誰かの上に立つ指導者でなく「仕えるリーダー」を表しているそうです。
「仕える指導者」「フードライフ」「共同体形成」が3本の柱

広大な敷地では60種類もの作物を育て、ニワトリ、豚、魚、ヤギなどもいます。
調味料以外はほぼすべて自給自足。
自ら育てた命を自らの手で調理しています。
また、パン・おから・魚のあらなど、地域でムダになっているものをもらってきて家畜の飼料にするなどの工夫もされています。

顔をだしてくれたヤギさん

有機農業かつ無農薬栽培で作物を育てているため、農薬ではなくお酢・トウガラシ・焼酎等を漬けた”ストチュウ水”などで虫が寄りづらくしているそうです。

識字率がただでさえ低い国では、他言語で書かれている農薬の使い方はなおさら読めず、どのような成分が入っているか知るために”舐めてみる”ことが伝承とされているという衝撃のお話も。ここにきて、それが「おかしい」ということに初めて気づくそうです。

散策しながら豚舎まで来た時、スタッフの山下さんから質問が。

「皆さんが普段食べている豚、何歳だと思いますか?」
想像もつかない質問でした。

答えは、0歳。
生まれて半年で100kgほどになる赤ちゃん豚を、私たちは普段食べている。
家畜たちが殺されることによって、自分たちは生きている。
美味しいサンドイッチ、特製にんじんジュースで休憩

命あるものを食べ物としていただいていることを、もっと真剣に考えなくてはいけないと考えさせられる事実でした。

ある大学生が話していたという
「この20年、色々な命を犠牲にしてきた。だから、自分を大切にしなくてはいけない」
という言葉が印象に残っています。



震災後に建てられたアジア学院ベクレルセンターも案内していただきました。
この白い容器に食品を入れ

福島第一原発から110km離れているにもかかわらず、当時の風向きと降雨によってホットスポットと呼ばれる場所となってしまったアジア学院。
見えない、におわない放射能の不安から、食品の放射性セシウムの安全基準は国の定めたものではなく自主的に37Bq(ベクレル)/kgと決め、測定器で地域の食べ物を測定し続けてきました。

白い容器をこの機械に入れ測るそうです
野菜やお米は基準を大きく下回って安心を得られるようになってきた現在も、キノコ類や山菜類は基準値を超えることもあるので今後も注意しなければならないと言います。

放射能汚染が生む、人とのつながりの分断についてもつらい現実があることをお話しいただき、数値が低くなってきたからと言って決して忘れられる問題ではないと痛感しました。

多くの学びが至るところに転がっているようなこの素晴らしい学校で、充実した時間を過ごすことができ、恵まれた一日でした。

誰もが日々かかわる「食べる」ことについて、今後も向き合っていきたいものです。
食育、いのちの学びを体感されたい方、
ぜひアジア学院を訪問してみてはいかがでしょうか?


(YMCA ACT 茂澤)

【お知らせ】
今後、YMCA ACTのプログラム報告はfacebookページにて発信していきます。
皆さまのいいね!やフォローをお待ちしています!
↓facebookアカウントをお持ちでなくてもご覧いただけます
https://www.facebook.com/ymcaact/

2019年10月28日月曜日

子どもハロウィン・アドベンチャー

10月26日(土)に、子どもハロウィンプログラム「Halloween Adventure / ハロウィン・アドベンチャー」を実施しました。


14名の幼児・小学生が参加し、みんなで「世界の文化」を体験するアクティビティをおこないました。

まずはハロウィン文化の成り立ちを学んだあと、世界の文字(アルファベット、ハングル、漢字、アラビア文字、キリル文字)で「ハロウィン」と書くことに挑戦!

アラビア文字は右から書くんだよ、ということを知って、驚いている子たちもたくさんいました。

世界の文字で「ハロウィン」を書いてみよう
書いている間、リーダーが手や顔にペイントもしてくれました!

次はACT近くのとある場所で忍者修行を体験!

手裏剣投げのほか、歩き方の練習や刀の避け方、礼法を学びました。

忍者と一緒に修行に挑戦
的をねらえ!手裏剣!
忍者歩きでソロリソロリ

忍者修行から戻ったあとは、ハロウィンと同じ時期に開かれる、インドの秋のお祭り「ディワリ」を紹介。インドの国旗や場所も学びました。

インドの場所は知ってる?
インドといえばスパイス料理!ということで、続けてスパイスクイズをおこないました。

実際にスパイスの香りや色から、どれがどれか当てるというもの。

この香りはいったい...?

いい香りで食欲が刺激されてきたところで、Trick or Treat!

大人の英語クラスにお菓子をもらいに行きました!

お菓子をもらい、元気な声で「Thank you!」を伝えることができました。

ぞろぞろ

大人クラスのみなさんありがとうございました!

最後に手元にお菓子を携えて、10月の世界食料デー月間の取り組みに合わせて、世界のフードロスのことや食品ロスのことを学びました。

日本を含む世界中で食べられる食材が廃棄されている現状がある一方で、飢餓に苦しんだり、安定して食事をとれない状況の人たちもいます。

今すぐに子どもたちにできるアクションは少ないですが、こうした現状を少しでも心に留め置くきっかけにしてもらえればと思います。

どれくらいの食べ物が捨てられているかな?

世界のことを少しでも学べるハロウィンになったかな?

ハロウィン本番は10月31日です。

YMCA ACT
髙階

中高生イベント 「Grab the Globe!」

09月27日(金)に、中高生限定パネルセッション「Grab the Globe!」を開催しました。

YMCAで英語を学ぶ中学生・高校生を対象とした、海外にルーツをもつゲストスピーカーと一緒に語り合うイベントです。



パネリストとして参加してくれたのは、横浜YMCA学院専門学校で日本語を学ぶ鄭文博さん、ACTで季節プログラムのリーダーをしてくれているIshwor Bhandariさん、そしてACTインターンの石井真鈴さんの3名。

鄭さん

Ishworさん

石井さん

3人はそれぞれ中国、ネパール、フィリピンにルーツがあり、自分自身の経験を踏まえて話をしてくれました。

真剣なまなざし

たくさん質問も出ました


会場からの質問もたくさんあり、
「日本人のいいところ/悪いところはどんなところだと思う?」
「お土産を持って帰るならどんなものを持って帰る?」
「将来はどんなことをしたい?」
「好きなバンドは?」
などなど、同世代だからこそ話せることをたくさん聞くことができました。

参加してくれたみなさん、ゲストのみなさん、ありがとうございました。


YMCA ACT
髙階

2019年10月2日水曜日

インターン終了のごあいさつ


こんにちは。横浜YMCA学院専門学校国際情報ビジネス科(2年生)フィリピン出身の石井です。

今日9月28日(土)インターンシップの10日目、最後日です。

この10日間を通して色んなことを学び、とても良い経験でした。


To my co-staffs & Teachers, I would like to thank you for providing me guidance and also thank you for giving me an opportunity to do the presentation in your class.

This internship helped me a lot for choosing my career.

It was nice meeting you all.

Again, thank you for your time and trust. God bless everyone!


大変お世話になりました。皆さんありがとうございました!

(YMCA ACT 石井)

2019年9月25日水曜日

ACTにインターン生登場!

みなさんこんにちは!

横浜YMCA学院専門学校国際情報ビジネス科(2年生)、フィリピン出身の石井です😄

授業で使う資料を作成中...

9月16日(月)からYMCA ACTでインターンシップを始めました。

YMCA ACTでの実習期間は10日間でとても短いですが、色んなことを学びました。

電話受付もばっちり

大人の英語クラスでプレゼンも

事務作業(電話の応対)、プレゼンテーション作成や発表などもして、私にはとてもいい経験と勉強です。

スタッフさん、先生、私をご指導いただきありがとうございます✨

みなさんお待ちしています!

9月28日(土)までいます😊

どうぞよろしくお願いいたします。

(YMCA ACT 石井)

2019年9月21日土曜日

ACT Café「発見!アラビア香油の世界」

こんにちは!
YMCA ACTインターンの石井です!

09月21日(土)に、ACT Café「発見!アラビア香油の世界」を開催しました!


ゲストはサウジアラビア出身のアリフさん!("bazaar  アラビアの香”店主)

サウジアラビアの文化のお話のほか、セルフマッサージなどの効果と具体的なやり方を教えてくれました。


アラビア香油とは?


『香油』とは香りのするオイルのことです。世界三大美女のクレオパトラも、自らの美貌を引き立てるためのアイテムとしてとして香油を愛用していたそうです。

香水との最も大きな違いは、香油はアルコールを使用していないので、持続性が大変高いことです。また、アルコールにアレルギーがある方にも安心して使用できます


色んな香りを楽しみながら、リラックス効果アップ!



アラビアン・ジャスミン、アラビアン・ローズ、レモングラス、ロータス、ホワイトムスク、ラベンダー、スウィートジャスミン…


それぞれユニークな効果があり、特に女性の冷え性とかホルモンバランスにも良いと言いました。おススメです!




参加者さんが非常に喜んでいました

香油も販売されました~


またこの機会があったら、ぜひ参加してください

(YMCA ACTインターン 石井)

2019年9月16日月曜日

ミャンマーからゲストが来てくれました!

9月6日、またまたユース(中高生)クラスに、
今回はミャンマーのYMCAから2人のゲストが来てくれました!

それまで開催されていたアジア・太平洋YMCA大会に参加したあと、YMCA ACTに来てミャンマーについてプレゼンテーションをしてくれました。


Akiさん、Yoonさんです!
 ミャンマーの基本の挨拶を練習し、

Hello! → Mingalarbar (မင်္ဂလာပါ) 発音が難しい!
国旗に込められた意味や、ミャンマーの絶景が見られる観光地のこと、


みんな大好き!定番料理のMohinga(モヒンガー)のこと、
美肌効果や日焼け止めのはたらきをするThanaka(タナカ)という天然の化粧品のこと、(ちょうど田中という苗字の高校生がいて、笑いがおきました)
伝統の歌と踊りのこと。



スライドを使って丁寧に説明してくれました。

勇気を出してみんなの前で質問した生徒も。
お互いの母国語がわからなくても、こんなとき、いつも皆さんの学んでいる”英語”が役立つということを実感できたのではないかと思います。
英語圏でない国の人と英語でコミュニケーションをとる機会も大事ですね!


2人は、ミャンマーからスナックのお土産もたくさん持ってきてくれました!

ナッツやフライドオニオン、なんだかとても辛いものも。

ユースの皆さんにとって、新たな世界を知り、
視野を広げるきっかけになっていたら嬉しいです。
Thank you! …chay-tzoo-tin-bah-teh!(チェーズーティンバーデー!)
また日本に来てくださいね!そしてみんなもいつかミャンマーに行けますように。

ကျေးဇူးတင်ပါတယ်
YMCA ACT 茂澤